今一番ブレイク・人気のあるモデルと言えば、佐々木希ではと思います。モデル業の他、CMやテレビに引っ張りだこの状態。昨年の押尾学の事件直下の出来事を考えると雲泥の差では。引退説まで飛び出した押尾絡みの・・・佐々木希サイドに、また、その危機が再燃するのではないかと言うあせりがあると言います。[芸能ブログランキング]

と言うのは、先日決定した押尾学の裁判の事。合成麻薬MDMAを服用し死亡した田中香織さんの“保護責任者遺棄致死罪”での裁判が9月3日から始まり、9月17日には求刑がなされる。しかも、この裁判は芸能関係で初めて裁判員裁判になると言う事で、間違いなく話題となる。

『 ピックアップ記事 』

ゲイではなかった!? H井堅 それより驚くブレイク前の真実
小向美奈子 ヘアヌード・過激シーンに体当たり
"激太りアイドル"小阪由佳がこの日もやってくれた
榮倉奈々、“絶対泣かない…”壮絶イジメに複雑?!

佐々木希/Dolly [楽天]

裁判が話題になればなるほど、否が応でも過去の出来事がほじくり返される。佐々木希がどこまで関与していたかは、正直なところ不明ですが、ネット上で噂が再燃する事は必至。合わせて、過去のヤンキー(秋田時代)だった頃の破天荒な話題にも飛び火する。[日本ブログ村]

佐々木希伝説 そりゃイメージ払しょくするワ reading
佐々木希伝説 そりゃイメージ払しょくするワ reading
佐々木希伝説 そりゃイメージ払しょくするワ ranking
佐々木希伝説 そりゃイメージ払しょくするワ ranking
佐々木希伝説 そりゃイメージ払しょくするワ reading

マンガ化によってストーリーを作っておけば、佐々木希への良いイメージが産まれて悪い噂を今のうちに払拭出来る。たとえ押尾絡みやヤンキー時代の話題が出ても、そんなの嘘だと言う先入観念が出来るためです。その証拠に、裁判の始まる1~2ヵ月にわざと合わせて発売するようです。


(引用:yahooニュース)
秋田県で服飾店の店員だった佐々木さんが、「週刊ヤングジャンプ」の編集者にスカウトされてモデルデビューし、映画やCMなどで活躍する現在までを3回に分けて描く。発売中のノンノ13・14合併号に掲載されている第1話では、秋田で「週刊ヤングジャンプ」のスタッフにスカウトされる。[芸能ブログランキング]

初のグラビア水着撮影を経て、自分の意志でファッション誌「PINKY」のオーディションにエントリー。同誌のモデルになるまでが描かれており巻末にはヤングジャンプでの初スナップをはじめ、子どものころの写真なども掲載されている。以降は、15・16合併号(7月20日発売)、17・18合併号(8月20日発売)に掲載される予定。(引用:毎日新聞デジタル)

『 ピックアップ記事 』

田原俊彦の結婚 妻は元モデル向井田彩子(画像)
AKB48 やはり"恋愛禁止条例"は鉄の掟!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100624-00000006-mantan-ent